KAKI CABINETMAKER

 富山の中心市街地より50分程登ると、あわすのスキー場があります。

KAKIの工房はその近くのあります。

立山の麓の男性的な自然環境の中で暮らし、家具の製作に励んでいます。

家具造りが、木という自然の素材を相手にしての仕事ということを考えるとき、

豊かで美しく時に厳しい立山の自然は、

我々にとって友であり同時に師でもあるのです。

 

KAKIのはじまり

柿谷誠がスキーに訪れたあわすのの地に惚れ込み、小さな小屋を建て暮らしたことが始まりでした。「この地に暮らせば、なにかができる」と漠然と大きな可能性を感じたと言います。二人の弟(正、清)とその友人が共に暮らすようになった頃に、家具造りで生計を立てようと決意します。粟巣野の人たちの好意で譲ってもらった土地に、4人で雑木林を切り開き仕事場を立てながら、試行錯誤を繰り返し家具を造りました。そのうちに、あわすのを訪れる人たちが「この椅子が欲しい」、「このテーブルが欲しい」と手にしてくださり、少しずつKAKIの家具が広がりだしました。

 〜「KAKIのウッドワーキング」より〜

KAKIの家具造り

KAKIの家具の製作には、日本の伝統的な指物技術が使われています。

吟味され管理保管された木材は、KAKIのスタッフによって家具として型を整えていきます。そして、切る、挽く、削る、面を取る、組むという作業のほとんどが、日本の伝統的な指物技術によって進行します。

言うまでもなく、日本の指物技術は世界で最も水準の高いものです。家具として仕上げられた後に、湿度や温度の変化による木のさまざまな動き、捻れ、反り、縮みを考慮した木組みの多様さ。また、どんなに細かいサンダーでも真似のできない手鉋によって作り出される木肌の美しさ。指物技術がもたらす素晴らしさは、数え上げたらきりがありません。

 

KAKIショールーム

KAKIの家具はオイルフィニッシュ

刃物で仕上げられた滑らかな木の肌は、その手触りの良さはもちろん、良い香りを放出します。また、湿気を出し入れし、お部屋の湿度を調節してれます。その良さを最大限に生かすために、仕上げにはオイル塗装を施します。新しいうちは白い木肌は、時を重ねるうちに飴色に変わっていきます。よく触るところは、より輝き、角が落ちていきます。家具は生活の中に溶け込み、その生活の様を刻みながら時を重ねていきます。

KAKIのショールームは、新しいものはもちろん、20年、30年と使い込んだ家具を展示しております。KAKIの家具に触れて、感じてください。



テーブル

生活スタイルに合わせてタイプを選んでいただきます。
また、サイズはご要望に合わせて製作することが可能です。

椅子

自分の体重をゆだねる椅子は、その座り心地が重要になってきます。色々な椅子の中からご自分の一脚をお選びください。

食器棚、本棚、箪笥などの収納家具もございます。

収納するもの、置く場所に合わせて製作が可能です。

小物

生活中で使う小物類も取り揃えております。ご自分で使われるのはもちろん、贈り物にもいかがでしょうか。



KAKI blog

KAKI CABINETMAKER

〜粟巣野の暮らしともの造り〜

粟巣野の日々の様子や、家具の製作の工程、

イベントやお知らせなどを紹介いたします。


KAKIの家具作り

 

山麓の小さな

キャビネットメーカーが

伝える美しい無垢材家具

 

柿谷正 

文遊社